横断幕の作成依頼をする業者の探し方と選び方

スポーツチームや学校の応援から、イベントのタイトル、宣伝広告に至るまで横断幕は幅広い使われ方をしてきました。新しく作成が必要になったとき、どこに注文すればよいのか初めての人なら戸惑うことも多くなります。業者の選び方として大切なのは、こまめに連絡を取り合うことができるところに依頼することです。注文からすべてネット上だけのやり取りで終わらせてしまうのではなく、できれば電話で連絡し合えたり、実際に会って相談や打ち合わせなどができれば、信頼できる業者か担当者であるかがわかりやすく、細かなニュアンスを伝えやすくなるので、納得できる仕上がりになりやすいです。自分たちでデザインすることができないのであれば、専任デザイナーがいる業者に発注を行うようにしましょう。

屋外に設置するために作成するポイント

屋外に設置するときには、雨に強いだけでなく紫外線による色あせ防止、しわや傷がつきにくい素材を選ぶことが大切になります。強度を高くする加工を施してもらうこともできますが、どれくらい費用がプラスになるかは見積もりをもらって、予算内に収まるか確認をするべきです。外に設置する横断幕の場合、屋外広告物に関する法律や条例などに違反することがないよう、安全に取り付けられてカラーの配色も景観を損なうほど派手すぎないものを選ぶ必要があります。業者と話し合って、伝えたい内容がしっかりとわかる文字を入れてデザインする必要があります。デザインや配色は一度、図面上でしっかりと確認を行いましょう。印刷されてから修正をすることは難しく、作り直しになってしまうとその分、費用も高額になってしまいます。

屋内設置用に作成して失敗しないために

体育館や施設内に設置する横断幕は、サイズに注意する必要があります。大きすぎると設置が許可にならないこともあるからです。スポーツや部活の応援のために設置するときは、特に決まりごとがある場合が多いため主催者や協会、団体などに確認してから作成すべきです。応援用には迫力があって熱意が表れていたり、鼓舞する内容のキャッチコピーが書かれた横断幕が選手に思いを伝えることができますが、配色にこだわるだけでなく、文字のサイズや書体にも工夫するとより良いものになります。デザインの打ち合わせは、納得できるまで何度も行うようにしましょう。デザイン料やデザイン修正料が発生してしまう業者に依頼してしまうと、納得できていないのに費用をかけないようにするためそのまま発注してしまうことがあります。それではもったいないので、納得できるまで何回も修正してもらえて無料でデザインしてくれるところを選びましょう。